関西仏教懇話会に招かれて

  
 『岸信介元総理の逸話と憲法改正の必要性』

関西仏教懇話会

清原 淳平(現会長)

日時:平成20年6月13日(金)午後2時~
会場:「HOTEL NEW HANKYU」
(大阪市・梅田駅前)






講演要旨

 当団体の会員・手塚容子様のご紹介にて、世界平和の祈願を目的とし、これまで340回開催という伝統ある「関西仏教懇話会」幹事役・長谷川霊信師よりお招きを頂いた。
 初めの約30分は、岸信介元総理の人物・識見・高い志について触れ、そのあと、「いまの憲法は、なぜ改正されなければならないか」につき、分かりやすくご説明申し上げた。
 清原淳平会長代行(当時)の講演のあと、御出席者との交流も兼ねて、和やかな雰囲気の中、意見交換が行われた。清原も、質疑応答に懇切丁寧にお応え申し上げた。

ページ上部へ